PR

ニュース 政治

7回接種の注射器、政府調達せず 河野氏が表明

河野太郎行政改革担当相(春名中撮影)
河野太郎行政改革担当相(春名中撮影)

 河野太郎ワクチン担当相は11日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン1瓶当たり7回接種が可能になるインスリン用注射器について、政府としてはワクチン接種用に調達しない考えを示した。インスリン投与が必要な糖尿病患者向けの注射器不足を招かないため。

 河野氏は視察先の東京都内の医療機関で記者団に対し、インスリン用注射器のワクチン接種用の使用について「政府としては推奨はしない」と述べた。注射器に余剰がある場合は「あとは医療機関の判断ということにしたい」と述べた。

 インスリン用の注射器は宇治徳洲会病院(京都府宇治市)がワクチン1瓶から7回接種できるようになると発表。河野氏は9日の記者会見で調達の検討を指示したことを明らかにした上で「こういう創意工夫はどんどんやっていただきたい」と語っていた。

 一方、河野氏は政府が確保を進めている6回接種できる注射器について「今それなりに在庫を集め、さらに生産をスピードアップするようお願いしている」と説明。「もう少しで状況についていろいろ報告できるようになるのではないか」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ