PR

ニュース 政治

野党、幼稚園連合会不明金に照準

文部科学省=東京・霞が関
文部科学省=東京・霞が関

 立憲民主、共産、国民民主の野党3党は10日、全日本私立幼稚園連合会の使途不明金問題に関する「実態解明チーム」を結成し、合同ヒアリングの初会合を開いた。連合会が自民党の支援団体であり、使途不明金が自民党議員の活動や文部科学官僚との会食に流用された可能性もあるとして、国会で追及を強める。

 合同ヒアリングには文科省の担当者を呼び、連合会の会計管理のあり方や、連合会と文科官僚の会食の有無などをただした。

 これに先立ち、野党3党の国対委員長が会談し、追及を強化する方針を確認。立民の安住淳国対委員長は記者団に、連合会について「政治的にも自民党を一生懸命応援している団体」と指摘。「保護者から見れば、自分たちがあげたお金が永田町界隈(かいわい)で『飲めや歌えや使い込めや』という話は許しがたい。総務省(幹部の接待)以上に深刻な問題だ」と強調した。

 原口一博国対委員長代行は同日の党会合で「選挙時の(集票)マシンになっているではないか」とも語った。野党側は、新たな政権批判の材料と位置付ける。ただ、自民党側に流れたと批判する根拠はなく、今後も合同ヒアリングなどを通じて調査を進める。

 同連合会では平成29~令和元年度に計約3億2000万円の使途不明金が発生し、2年度にも口座から8000万円の使途不明の現金引き出しが確認された。関連団体の「全日本私立幼稚園PTA連合会」でも、4000万円余りの使途不明金の存在が明らかになった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ