PR

ニュース 政治

自民・岸田氏、菅首相に経済対策提言

菅義偉首相への提言後、記者団の取材に応じる自民党・岸田文雄前政調会長=10日午後、首相官邸(春名中撮影)
菅義偉首相への提言後、記者団の取材に応じる自民党・岸田文雄前政調会長=10日午後、首相官邸(春名中撮影)

 自民党の岸田文雄前政調会長は10日、首相官邸で菅義偉(すが・よしひで)首相と会談し、新型コロナウイルスの経済対策に関する政策を提言した。困窮世帯を対象とした給付金の支給や中小企業の資金繰り支援のための無利子・無担保融資の延長などを求めた。首相が新型コロナ対策に苦慮する中、政権を支える姿勢をアピールするとともに、「ポスト菅」候補として存在感を発揮する狙いがある。

 岸田氏は会談後、記者団に「緊急事態宣言が延長され、経済対策はどうしても必要だ。首相にぜひ活用してほしい」と述べた。

 提言書では、新型コロナの影響で飲食業や旅行業が打撃を受け、「全国各地から切実な声が多数届いている」と指摘。令和2、3年度予算の予備費などを活用し、「追加の経済対策を速やかに講じるべき」と明記した。

 具体的には、失業や収入減、学生などの生活困窮世帯に限定した特別定額給付金の支給に加え、職種転換のために必要なスキルアップのための学び直し支援策「Go To 学び直し」の検討などを求めた。

 また、岸田氏は首相と4月25日投開票の参院広島選挙区再選挙の情勢についても意見交換。岸田氏によると、首相は「頑張ってもらいたい」などと声をかけたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ