PR

ニュース 政治

<独自>デジタル法案ミス問題 正誤表にも3カ所記載漏れ

首相官邸=東京都千代田区
首相官邸=東京都千代田区

 デジタル改革関連法案の国会議員ら向け説明資料である法案要綱、新旧対照表、参照条文の計45カ所に誤記があった問題で、政府が10日の衆院内閣委員会の理事会に提出した正誤表にも3カ所記載漏れがあったことが同日、政府関係者への取材で分かった。所管する内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室の担当者は産経新聞の取材に「確認漏れがあった」と説明し、再発防止を徹底する意向を示した。

 政府関係者によると、10日午前の衆院内閣委理事会で、岡下昌平内閣府政務官が45カ所の誤記について謝罪するとともに、誤記した場所に対応する正誤表を提出した。しかし、提出後に同室が正誤表を再確認したところ、3カ所の記載漏れを発見。担当者が同委関係者らに謝罪した。

 誤記では、「地縁」とすべきところが「地緑」となっていたほか、存在しない「昭和六十六(年)」「海上保安長長官」(正しくは海上保安庁長官)などとなっていた。法案自体に誤りは確認されていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ