PR

ニュース 政治

千葉県知事選、主要3候補の横顔は

千葉県庁
千葉県庁

 選挙戦に突入した千葉県知事選(21日投開票)には、届け出順に元千葉市長の熊谷俊人氏(43)、政治団体代表の後藤輝樹氏(38)、医師の加藤健一郎氏(71)、党地区役員の金光理恵氏(57)=共産推薦、元高校校長の皆川真一郎氏(66)、元県議の関政幸氏(41)=自民推薦、政治団体代表の平塚正幸氏(39)、会社役員の河合悠祐氏(40)の新人8人が立候補している。主要3候補の横顔を紹介する。

 【熊谷候補】

 民間企業や千葉市議を経て、同市長を31歳から3期12年間務めた。市長時代の行財政改革や災害対応などを実績として強調する。

 小学生時代から政治に興味があり、中学に進むと日曜日は朝からテレビの討論番組をはしごする“政治マニア”だった。当初は国政に関心を持ったが、高校2年の時に阪神大震災を経験。災害救助や復興の現実を目の当たりにし、地方行政に関心を抱き始めた。

 座右の銘は「温故知新」で「物事の経緯を理解した上で新しいものを切り開いていくのが私の信条」と話す。同時に孟子の「千万人と雖(いえど)も吾(われ)往(ゆ)かん」という言葉が好きで、「市長室に掛け軸を飾り、困難な局面にはそれを見て気合を入れ直していた」と振り返る。

 尊敬する人物は、近代日本のシステム作りに大きな役割を果たした大久保利通。嫌われても必要なことをやり切った所にも魅力を感じている。

 趣味は詩吟。早大でサークルに入り、鋸南町付近で合宿をしたこともある。司馬遼太郎の著作も好む。

 家族は妻と子供2人。子供と過ごす時間を大切にするが「プライベートではドジばかりなので、いつも妻にあきれられる」と笑う。

 【金光候補】

 2年前に予備校講師を辞め、政治をこころざした。安保法制反対などの市民運動に携わってきたが、政治家として社会を変えようと思い立ったという。船橋市議選に落選した後、選んだのは知事選への挑戦だった。女性の活躍推進を持論としているだけに、立候補を打診された時、「ここで腰が引けては女がすたると思った」と振り返る。

 「ジェンダー平等」を目指しており、夫とは夫婦別姓の事実婚。女性の権利に関わる事件を数多く担当した角田由紀子弁護士から、「あなたの知事選への立候補が、後に続く女性たちに希望を与え、道を開く」と激励され、感激して泣いてしまったという。

 和歌山県田辺市出身で、実家は世界遺産である熊野古道の周辺。父が中学校の社会科教師だったこともあり、歴史に親しんで育った。蜻蛉日記や万葉集などの古典文学に強くひかれ、大学で学んだ後、予備校で教えた。蜻蛉日記には、一夫多妻制のもとで苦しむ女性作者の思いがつづられている。ジェンダー平等の原点は、女流文学に親しんだ経験にあるのかもしれない。

 座右の銘は「孤独を恐れず、孤高に陥らず」。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ