PR

ニュース 政治

首都圏再延長を重ねて表明 「命と暮らしを守る」 緊急事態宣言めぐり首相

参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=4日午前、参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=4日午前、参院第1委員会室(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は4日の参院予算委員会で、首都圏1都3県に発令中の新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言について「国民の命と暮らしを守るために2週間程度の延長が必要ではないかと考えている」と述べ、7日までの期限を再延長する考えを重ねて表明した。

 再延長の理由については「1都3県の感染症を押さえ込むために大変重要な局面にあると考えている。病床の逼迫(ひっぱく)はいまだ厳しい」と説明した。「専門家や関係者の意見も十分にうかがった上で、最終的に判断したい」とも語った。

 政府は5日に基本的対処方針等諮問委員会を開き、専門家の意見を聞いた上で、新型コロナ対策本部で再延長を決定する見通しだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ