PR

ニュース 政治

千葉県知事選告示 森田氏後継に8新人届け出 21日投開票

告示され、舌戦がスタートした千葉県知事選で、候補者の演説を聴く有権者ら=4日午前、千葉市中央区
告示され、舌戦がスタートした千葉県知事選で、候補者の演説を聴く有権者ら=4日午前、千葉市中央区
その他の写真を見る(1/2枚)

 任期満了に伴う千葉県知事選が4日告示され、届け出順に元千葉市長の熊谷俊人氏(43)、政治団体代表の後藤輝樹氏(38)、医師の加藤健一郎氏(71)、党地区役員の金光理恵氏(57)=共産推薦、元高校校長の皆川真一郎氏(66)、元自民党県議の関政幸氏(41)=自民推薦、政治団体代表の平塚正幸氏(39)、会社役員の河合悠祐氏(40)の新人8人が立候補を届け出た。千葉県知事選では過去最多の立候補者数となった。投開票は21日。

 3期務めた森田健作知事(71)が退任を表明し、12年ぶりに新知事が誕生する。新型コロナウイルスの感染拡大防止やコロナ禍で打撃を受けた県内経済の活性化、一昨年の台風15号などの災害をふまえた防災・減災対策が主な争点となる。

 自民は関氏を推薦するが、一部の国会議員が熊谷氏を水面下で支援するなど足並みが乱れる。立憲民主や国民民主党、日本維新の会などは、熊谷氏を県議団や県支部レベルで支え、共産は金光氏を推薦する。公明党は4日の中央幹事会で自主投票とする方針を決めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ