PR

ニュース 政治

緊急事態宣言延長、菅首相発言詳報「感染防止対策、極めて重要な局面」 

1都3県へ発令中の緊急事態宣言について2週間延長する方針を表明する菅義偉首相=3日午後、首相官邸(春名中撮影)
1都3県へ発令中の緊急事態宣言について2週間延長する方針を表明する菅義偉首相=3日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は3日夕、官邸で記者団の取材に応じ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて1都3県に発令中の緊急事態宣言ついて、7日の期限を2週間程度延長する方針を表明した。やりとりの全文は次の通り。

 --本日の新型コロナに関する関係閣僚との会合で、どのような話し合いが行われたのか

 「感染状況を確認し、今後の対応策を協議しました。1都3県については、この7日に期限を控えているわけでありまして、感染防止対策、極めて重要な局面であると考えております。また病床、逼迫(ひっぱく)している状況、厳しい指標も、ギリギリの指標もありますから、私としては国民の皆さんの命と暮らしを守るために、2週間程度の延長が必要ではないかな、とこのように考えておりますが、いずれにせよ、専門家、また関係者の皆さんのご意見を伺った上で、最終的に私自身が判断をしたい、このように思っています」

 --延長が2週間程度必要とする理由は

 「これについてもこれから専門家の皆さん、関係者の皆さんの意見を伺ってですね、決めていきたいと思います」

 --東京五輪で海外から訪れる観客の受け入れについての検討状況は

 「政府は検討とかそういうことはやっておりません。いずれにせよ、IOC(国際オリンピック委員会)、東京都、(東京五輪・パラリンピック)組織委員会、連携しながら政府としてお手伝いをしていきたい、こういうふうに思ってます」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ