PR

ニュース 政治

岡田官房副長官、ワクチン接種期間での衆院解散「首相の専権事項」

 岡田直樹官房副長官は2日夕の記者会見で、自民党の二階俊博幹事長が新型コロナウイルスのワクチン接種期間中でも衆院解散・総選挙があり得るとの見方を示したことについて「解散は首相の専権事項であり、首相自身が判断することだろうと思う」と述べた。

 二階氏は同日午前の記者会見で「あらゆることを想定して、われわれやっていかないといけない」と述べた上で、「ワクチンと衆院解散は関係があるようではあるが、ワクチンで衆院を解散するとかしないとか別に考えていない」と述べた。

 ただ、二階氏は解散時期について「首相の一存でお決めになること」とも述べており、岡田氏は「二階幹事長は、解散は首相がお決めになることという趣旨の発言もしている。発言通り、解散は首相の専権事項だ」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ