PR

ニュース 政治

茂木外相「全く受け入れられない」 中国の尖閣周辺活動「常態化」に反論

手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄・尖閣諸島(鈴木健児撮影) 
手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄・尖閣諸島(鈴木健児撮影) 

 茂木敏充外相は2日の記者会見で、中国国防省が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での法執行活動を「常態化していく」と表明したことなどに関し「尖閣諸島は歴史的にも国際法上も疑いのない日本固有の領土だ。中国側の発言は全く受け入れられない」と述べた。

 中国国防省は1日、尖閣周辺での中国当局の活動について「正当かつ合法的だ。引き続き常態化していく」とホームページで表明。中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は同日の記者会見で、外国公船が尖閣上陸を強行すれば「危害射撃」が可能になるとの見解を日本政府が示したことに対し「情勢を複雑化させる危険な行為をやめるよう促す」と述べた。

 茂木氏は2日の会見で、領海侵入を繰り返す中国海警局の活動を「国際法違反」と重ねて批判。「領土、領海、領空を断固として守り抜くとの決意の下、国内法や国際法にのっとって冷静かつ毅然(きぜん)と対処していく」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ