PR

ニュース 政治

与野党女性議員、女性の政治参画めぐり論戦

国民民主党・山尾志桜里氏(春名中撮影)
国民民主党・山尾志桜里氏(春名中撮影)

 与野党の女性国会議員が28日のNHK番組に出演し、女性の政治参画をめぐり論戦を交わした。与党は女性議員増に向けた環境整備に取り組んでいることを強調した一方、野党は候補者選定で数値目標を掲げたり、法整備を求めたりする声が上がった。

 「私たちが日々感じていることを政策につなげていくために数を増やしていかなければいけない」

 自民党の吉川有美女性局長はこう語り、女性の声を政治に反映するため女性議員を増やす必要性を訴えた。党の取り組みとして、二階俊博幹事長が女性候補擁立に取り組むよう地方組織に通知を出したことや、党選対委員長代行に小渕優子元経済産業相が就いたことを紹介。「一歩一歩だが、プロセスに女性が入るようになった」と強調した。

 公明党の古屋範子女性委員長は「女性議員が少ないことは男性が考えた政策に偏る傾向がある」と指摘。次々回の衆院選について「数値目標を決め、女性候補を増やしていく検討を開始したい」と語った。

 一方、立憲民主党の西村智奈美衆院議員は、次期衆院選の女性候補の割合に関し「立民は最低3割を目指す」と表明。女性議員増に向けて公職選挙法の改正案を検討する考えを示し、「日本の発展につなげていくには、ジェンダー平等、女性の人権の確立が不可欠だ」と述べた。

 国民民主党の山尾志桜里衆院議員も法的拘束力の必要性を主張し、「男性も女性も、候補者が4割以下の場合は政党交付金を減らすとか、比例名簿を男女交互にするとか、選択肢はある」と提案した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ