PR

ニュース 政治

政府「孤独・孤立」対策急ぐ 緊急フォーラム開催、自民も特命委

孤独・孤立に関する緊急フォーラムで発言する菅義偉首相(中央)=25日午後、首相官邸(春名中撮影)
孤独・孤立に関する緊急フォーラムで発言する菅義偉首相(中央)=25日午後、首相官邸(春名中撮影)

 政府・自民党が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて菅義偉首相が打ち出した「孤独・孤立」対策をめぐる議論を活発化させている。コロナ禍で自殺や引きこもりなどの問題が深刻化しており、政府は今後、関係省庁による連絡会議を立ち上げ政策立案を急ぐ。

 政府は25日、問題に取り組むNPO(非営利組織)法人や支援団体などの関係者を招いた「緊急フォーラム」を首相官邸で開いた。

 首相は「コロナ禍で厳しい状況にある今だからこそ、官民が垣根を越えてつながりを深め、社会全体で手を差し伸べていくことが必要だ」と述べた。「さまざまな支援が、孤独を感じ社会的に孤立している方々に行き届くようにしていく」と強調した。

 出席したタレントの中川翔子さんは記者団に「小中高生の自殺が増えた。孤独になることが一番恐ろしい。会員制交流サイト(SNS)を活用して世界とつながっていける。そうした部分を発信していきたい」と語った。

 一方の自民党は25日、「孤独・孤立対策特命委員会」の初会合を党本部で開いた。委員長を務める松野博一元文部科学相は「孤独の定義は難しいが、公約なども含め打ち出していくことも肝要だ」と述べた。

 特命委は、これまで同様のテーマを扱ってきた党のプロジェクトチーム、参院や若手の勉強会の知見を共有し、施策を議論する。6月の策定が想定される政府の「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)に反映させるための提言をまとめ、次期衆院選公約にも盛り込みたい考えだ。

 自民党の鈴木貴子衆院議員ら若手有志議員は25日、首相官邸で加藤勝信官房長官と面会し、提言を手渡した。提言は、貧困、ドメスティックバイオレンス(DV)、虐待など「さまざまなトリガー(引き金)で社会的孤立状況に陥る」と強調。政府が「支援対象者」と明確に定義し、対策を講じるよう求めた。(児玉佳子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ