PR

ニュース 政治

自民党、孤独・孤立対策を衆院選公約にも 特命委初会合

 新型コロナウイルス禍で深刻化している孤独問題に対応するため、自民党は25日、孤独・孤立対策特命委員会(委員長・松野博一元文部科学相)を設置し、初会合を党本部で開いた。政府の取り組みを後押しする狙いがあり、6月に策定する政府の経済財政運営の指針「骨太の方針」に反映させるための提言をまとめ、次期衆院選の公約に盛り込みたい考えだ。

 特命委は、菅義偉首相が坂本哲志孤独・孤立対策担当相を任命するなど取り組みを本格化させたことを受けて発足した。これまで同様のテーマを扱ってきた党のプロジェクトチーム、参院や若手の勉強会の知見を共有し、今後の施策を議論する。松野氏は「公約なども含めながら打ち出していくかというのも肝要だ」と述べた。

 下村博文政調会長は会合で「一人でも多くの人が孤独を感じることがないような日本社会を作るように対応したい」と述べた。世耕弘成参院幹事長は「一過性で予算を1個だけ作り『これでよかったでしょ』では逆に反発を招く可能性がある。継続して地道に取り組むことが何よりも重要だ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ