PR

ニュース 政治

4月12日から高齢者にワクチン接種 3月中に117万人分が到着

 菅義偉首相は24日、新型コロナウイルスワクチンについて、高齢者向けの接種を4月12日から開始すると発表した。同月5日の週から各自治体にワクチンを発送することも明らかにした。首相官邸で記者団に答えた。河野太郎ワクチン担当相も記者会見で、4月26日の週には全ての市区町村に行き渡る量のワクチンを発送し、本格接種を始める方針を示した。

 河野氏は、高齢者向けに接種される米製薬大手ファイザー製のワクチン第3便として、450箱が来月1日に日本に到着し、これを含め3月に2000箱余りが届くとの見通しを示した。

 2000箱は最大234万回分に相当する。政府は1人2回接種する前提で計画を進めているため117万人分となる。全市町村に行き渡る量を発送する4月26日の週に先立ち、同月19日の週までに計1100箱(最大128万7000回分)を各都道府県に発送する。

 政府はこれまで、65歳以上の高齢者約3600万人の接種について、医療従事者が終了した後の4月に開始すると説明していた。医療従事者は想定の370万人を約100万人上回ったが、河野氏は「4月から5月にかけて医療従事者の接種と高齢者への接種が並行して進む可能性が大きい」と説明した。

 高齢者接種に関しては、4月5日の週に東京、神奈川、大阪の3都府県にはそれぞれ最大4680回分、その他の44道府県にはそれぞれ同2340回分の計11万7000回分を配送する。同月12日の週と19日の週にもそれぞれ最大で計58万5000回分(3都府県に各2万3400回分、44道府県に各1万1700回分)を送る。

 どのような順番でワクチンを接種するかは自治体の判断に委ねる。河野氏は例として、地域ごと、年齢層ごとに順番を決める方法を示したほか、高齢者施設などを念頭に「訪問して接種するところもあるだろう」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ