PR

ニュース 政治

立民、悩ましい共産との距離感 票が欲しいが連合政権は否定…

野党国対委員長連絡会議で山田真貴子広報官の動画を検証する野党各党の国対委員長。手前は立憲民主党・安住淳国対委員長=24日午前、国会内(春名中撮影)
野党国対委員長連絡会議で山田真貴子広報官の動画を検証する野党各党の国対委員長。手前は立憲民主党・安住淳国対委員長=24日午前、国会内(春名中撮影)

 立憲民主党は24日の常任幹事会で、元農林水産相の吉川貴盛被告=自民党離党=の辞職に伴う4月25日投開票の衆院北海道2区補欠選挙について元衆院議員の松木謙公氏(62)の公認を決めた。共産党も立候補を準備しており、一本化が焦点になる。次期衆院選での議席増に向けても競合をできるだけ回避したい考えだが、共産が求める「野党連合政権」構想には否定的だ。「共産の票は欲しいが深入りはしない」という悩ましい立ち位置にある。

 常任幹事会では、同日投開票される羽田雄一郎元国土交通相の死去に伴う参院長野選挙区補選で、実弟の羽田次郎氏(51)の公認も決めた。令和元年の参院選同様、他の野党も支援に回る見通し。立民は、弁護士の郷原信郎氏(65)の擁立を模索する参院広島選挙区再選挙を含めたトリプル選挙に全勝し、次期衆院選への弾みとしたい考えだ。

 共産の穀田恵二選対委員長が24日の記者会見で一本化について「努力したい。さまざまな話し合いを始めようとしている」と前向きな姿勢を見せた。

 ただ、全国的には一本化はまだ進んでいない。289選挙区のうち70前後で競合する。共産はこれらの選挙区での候補者一本化と絡め、「次期衆院選で立民や共産などの野党側が勝利し、連合政権を樹立する」との目標を掲げて立民に賛同を求めている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ