PR

ニュース 政治

菅首相、総務省接待問題「心からお詫びしたい」 衆院予算委

衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=22日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=22日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は22日の衆院予算委員会の集中審議で、放送事業会社「東北新社」に勤める長男が総務省幹部への接待を繰り返していたことについて「私の長男が関係し、公務員が倫理規程に違反する行為をしたことを心からおわびを申し上げる」と陳謝した。

 接待問題の解明に向けて「しっかりと包み隠すことなく事実関係を明らかにしてもらうことが大事だ」とも強調した。

 首相は自身が総務相などを歴任してきたことから長男が東北新社に入社する際には「総務省とは距離を置いて付き合うように」と注意していたという。幹部らとの接待を重ねていたことが発覚したことに「驚いた」と語った。

 立憲民主党などの野党は総務省が衛星放送の許認可権を持つことから、東北新社の衛星放送子会社役員を兼ねる長男による接待が放送行政に影響したとの見方を強めているが、武田良太総務相は「行政をゆがめたという事実は確認されていない」と繰り返した。

 また、総務省の原邦彰官房長は長男が調査に対し、「不適切な働き掛けや行政をゆがめる行為は行っていない」と説明していることも明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ