PR

ニュース 政治

【産経・FNN合同世論調査】内閣支持率横ばい、ワクチン、橋本新会長に期待高く

閣議に臨む(左から)茂木敏充外務相、菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相=19日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む(左から)茂木敏充外務相、菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相=19日午前、首相官邸(春名中撮影)

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は20、21両日に合同世論調査を実施した。菅義偉(すが・よしひで)内閣の支持率は前回調査(1月23、24日)から0・8ポイント減の51・5%でほぼ横ばいだった。不支持率は1・8ポイント減の43・2%。今月から接種が始まった新型コロナウイルスのワクチンに「期待する」との回答は前回より13・0ポイント増の90・2%で、ワクチンへの期待感が下支えしたとみられる。

 ワクチンを「接種する」との回答も5・5ポイント増の74・7%に上った。政府の新型コロナウイルス対策についても、「評価する」との回答は前回より11・0ポイント増の44・6%。感染収束の「切り札」とされるワクチンへの期待感が、高まっていることがうかがえる。

 現在の感染状況下で政府は感染拡大防止と経済再生のどちらにより重点を置くべきだと思うかとの問いには「感染拡大防止」が72・9%で、「経済再生」の20・4%を前回に続き大きく上回った。

 今夏に延期された東京五輪・パラリンピックについて感染対策を徹底して予定通り開催できると思うか聞いたところ、「中止もやむを得ないと思う」が49・1%(前月比6・3ポイント減)で最も多かったが、一方で「感染対策を徹底して予定通り開催できると思う」との回答も28・0%で前回調査より12・5ポイント増加した。緊急事態宣言の再発令により、新規感染者数が減少傾向に転じたことが開催への期待感に結びついているようだ。

 女性蔑視ともとれる発言で大会組織委員会会長を辞任した森喜朗氏の後任に就任した橋本聖子氏が新会長に「ふさわしい」との回答は73・2%だった。

 調査では、内閣支持率のみ、回答が不明確な場合には「どちらかといえば」と再度質問して回答を得た。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ