PR

ニュース 政治

石破氏、軍事機能除外している海保法の改正主張 中国海警法施行で

 自民党の石破茂元幹事長は19日付のブログで、中国の海上警備を担う海警局(海警)に武器使用の権限を定めた海警法施行を受け、海上保安庁に「領海警備的」な任務を与えるため、海保は軍隊的機能を営まないとする海上保安庁法の25条改正の必要性に言及した。

 理由について、「中国が海警を人民解放軍傘下の軍として位置付けた以上、繰り返されるわが国領海への『無害でない通航』に対し、海上自衛隊の護衛艦が対峙(たいじ)する可能性が高い」とし、「その場合に中国が『わが国の「コーストガード」に日本は「軍艦」で対応した』との批判を国際社会に発することは必定で、これが彼らの狙いだと思う」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ