PR

ニュース 政治

静岡県が行政代執行 沼津鉄道高架用地の看板など撤去 反対派は無言の抗議

プラカードを掲げて行政代執行に反対する市民ら=19日、沼津市内
プラカードを掲げて行政代執行に反対する市民ら=19日、沼津市内

 JR沼津駅付近の鉄道高架事業に伴う新貨物ターミナル整備をめぐり、静岡県は19日、元地権者が明け渡しに応じていなかった整備予定地の行政代執行(強制収用)に踏み切り、工作物などを撤去して完了した。反対する関係者ら約60人は周囲で「断固反対」のプラカードを掲げるなどしたが「無言の抗議」に徹した。

 対象は沼津市一本松の用地(約1435平方メートル)の看板や立ち木など。高架事業は18年前に都市計画決定され、県と市が法的手続きを進めてきたが、元地権者1人が今月5日の明け渡し期限までに応じなかった。

 この日午前8時半、県の執行責任者が行政代執行法に基づく開始を宣言。作業員が有刺鉄線を切断し用地に入った。チェーンソーで木の伐採が始まると反対派は「ひどいもんだ」「沖縄県の基地移設と同じだ」などと怒りをあらわにした。

 15年以上前から掲げられ、反対運動の象徴でもあった「貨物駅断固阻止」の看板も、作業員が淡々と撤去。用地を囲んでいた鉄柵も重機などで撤去され、代執行は約6時間半で完了した。元地権者の久保田豊さん(81)は姿を見せなかった。周囲に「(作業を)見たくない」などと語っていたという。

 「鉄道高架化を見直し沼津を元気にする市民の会」代表の川口公文さん(73)は記者団に「なし崩し的にやることは残念だ。『強権発動』してまでやるような事業なのか」と話し、事業見直しの運動を継続する考えを示した。

 記者団の取材に応じた川勝平太知事は「代執行はやりたくなかった。残念です」と述べた上で「(元地権者の)無念の思いが晴れて長期的にはよかったとなるようにすることがわれわれの務めだ」と語った。沼津市の頼重秀一市長は「用地取得が完了し、事業が大きく前進できると考えている」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ