PR

ニュース 政治

総務省幹部、自民・小林氏への揶揄謝罪 「記憶力乏しい」自嘲も

衆院予算委員会で答弁する総務省・秋本芳徳情報流通行政局長。後方は武田良太総務相=19日午前、国会・第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁する総務省・秋本芳徳情報流通行政局長。後方は武田良太総務相=19日午前、国会・第1委員室(春名中撮影)

 総務省の秋本芳徳情報流通行政局長は19日午前の衆院予算委員会で、菅義偉(すが・よしひで)首相の長男との会食中、元総務政務官で自民党衆院議員の小林史明氏を揶揄(やゆ)した自身の発言を謝罪した。「非常に不適切な発言だった。お許しいただけないと思うが、おわびを申し上げたい」と述べた。

 秋本氏はNTTドコモ社員を経て政界入りした小林氏について「通信や放送に詳しい議員として指導をいただいた。数々の改革を手がけられ、しかも迅速に成果を上げてきた」と持ち上げた。一方で、「私のように記憶力に乏しい職員には、懸命に走ってもなかなかついていくのが大変な面があった」と自嘲気味に語った。

 「文春オンライン」が公開した音声データによると、秋本氏は小林氏について「どっかで一敗地にまみれないと、全然勘違いのままいっちゃいますよね」などと発言していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ