PR

ニュース 政治

ワクチン接種で新情報システム開発 「ミラボ」と随意契約

 政府は19日、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、マイナンバーを活用した新たな情報連携システムの開発・運用・保守業務についてIT・AI開発会社「株式会社ミラボ」(本社・東京都千代田区)と随意契約を結んだと発表した。契約額は3億8500万円。

 事業者選定には国内外複数社から提案が寄せられた。小林史明ワクチン担当相補佐官や接種記録開発チームらが、4月開始を目指している高齢者への接種に間に合い、マイナンバーを含む個人情報を取り扱う高度なセキュリティーを備えたシステムを開発した実績を有しているかという点を中心に提案内容を検討。同社の提案がサービス内容、コスト、納期の面でもっとも優れていると判断した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ