PR

ニュース 政治

「スーパークレイジー君」当選に異議申し出 本人は「居住実態ある」と反論

当選無効を求める異議申し出を受け、記者会見に臨む埼玉県戸田市のスーパークレイジー君市議=18日午後、埼玉県川口市(内田優作撮影)
当選無効を求める異議申し出を受け、記者会見に臨む埼玉県戸田市のスーパークレイジー君市議=18日午後、埼玉県川口市(内田優作撮影)

 埼玉県戸田市議選(1月31日投開票)で初当選したスーパークレイジー君(本名・西本誠)市議(34)に対し、居住実態がないとして当選の無効を求める異議申し出が市選挙管理委員会にあり、同市議が18日、反論の記者会見を開いた。「昨年9月末から市内のアパートに居住している。居住実態を示す電気代や水道代などの領収書も保管している」と主張した。

 申し出は「公選法で定める市内での3カ月以上の居住実態がない」と訴える内容で、市民から15日付で提出された。市選管は16日に受理を決め、今後、調査を行った上で結論を出す。

 同市議は、特攻服姿で街頭演説に臨むなどの独自の選挙戦で注目を集めた。市議選では、当選者26人のうち25番目の912票を獲得した。

 一方、市は18日、異議申し出をめぐり、市選管事務局長が同市議に対し不適切な発言をしたとして、同日付で市長部局に異動させると発表した。市議と面会した際に「居住実態に疑義が生じる場合、当選を辞退するのも選択肢だ」という趣旨の説明をしたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ