PR

ニュース 政治

日米豪印「インド太平洋」連携 外相会合

茂木敏充外務相
茂木敏充外務相

 日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国の外相は18日夜、オンラインによる会合を開く。中国による海洋進出を踏まえ、法の支配や航行の自由などを重視する「自由で開かれたインド太平洋」の推進に向け連携を確認する。新型コロナウイルスや気候変動など、地球規模の課題への対応も協議する見通しだ。

 会合は米国の主催で、茂木敏充外相とブリンケン米国務長官、ペイン豪外相、ジャイシャンカル印外相が出席する。「クアッド」と呼ばれる4カ国の外相会合は昨年10月に東京で開かれて以来で、バイデン米政権発足後は初めて。

 加藤勝信官房長官は18日の記者会見で「バイデン政権の発足から間を置かずに開催に至ったことを歓迎する」と述べた。外務省幹部も「同盟国や有志国との協力を重視する米新政権の姿勢の表れだ」と評価した。

 会合ではクーデターが起きたミャンマー情勢や、中国海警局に武器使用の権限を付与した海警法なども議題になるとみられる。米国は4カ国による首脳会談の初開催にも意欲を示しており、今回の外相会談で実現に弾みをつけたい考えだ。

 4カ国は一昨年9月に米ニューヨークで初の外相会合を開催。昨年10月の2回目の会合で、年1回以上の定例化に合意している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ