PR

ニュース 政治

官房長官、島根知事の五輪中止要請に不快感「既にスケジュール決定」

会見に臨む加藤勝信官房長官=17日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=17日午前、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は17日午後の記者会見で、島根県の丸山達也知事が東京五輪・パラリンピック中止を求めたことに強い不快感を示した。「既にスケジュール、場所なども決定している。安全・安心な大会の開催に向けて、東京都組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)と連携して準備を行っていきたい」と述べた。

 丸山氏は島根県内での聖火リレーを中止する意向も表明し、その理由に政府の新型コロナウイルス対策が不十分であることを挙げているが、加藤氏は「地域の実情に応じて適切な対応を図ってきている」と反論した。同時に「人口が多いとか少ないとか、都会であるとかそうでないということで差を付けているわけではなく、感染状況を踏まえて実行している」とも語った。

 加藤氏はコロナ対策に関し、丸山氏から申し出があれば、政府として意見交換を行う考えも示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ