PR

ニュース 政治

自民・下村政調会長、ワクチン接種に懸念「要望に政府応えきれず」

自民党・下村博文政調会長
自民党・下村博文政調会長

 自民党の下村博文政調会長は17日、新型コロナウイルスのワクチン接種に関するプロジェクトチームなどの役員会で、政府の対応に懸念を表明した。国民や自治体からの情報提供などの要望について「『より早くより正確に』と再三再四出ているにもかかわらず、十分応えきれていない部分もあるのではないか」と述べた。

 ワクチン供給をめぐる欧州連合(EU)の輸出管理強化を念頭に「河野太郎行政改革担当相をはじめ、政府側がご苦労をされている」として、政府のワクチン確保に向けた努力に理解も示した。

 同時に、厚生労働省による新型コロナ感染症患者向けの医療提供体制整備について「スピード感から言うと非常に遅れている」と苦言を呈した。重症患者が回復した後の転院を支援する施策が遅いと指摘した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ