PR

ニュース 政治

千葉県、自宅療養者を診療した医療機関に協力金

自宅療養者の診療体制強化のため、協力金の支給を行うと強調する森田健作知事=15日、県庁
自宅療養者の診療体制強化のため、協力金の支給を行うと強調する森田健作知事=15日、県庁

 千葉県の森田健作知事は15日、新型コロナウイルスに感染した自宅やホテルでの療養者について、外来での診療や往診を行う医療機関に協力金を支払う県独自の取り組みを同日始めたと明らかにした。1件当たり、平日は5万円、夜間・休日は10万円。費用は令和2年度2月補正予算案に計上している。

 また、改正新型コロナウイルス特別措置法が13日に施行され、県が飲食店に営業時間の短縮を命令し、違反者に過料を科すことができるようになったことについては「実効性が高まる」と歓迎。一方で罰則の適用に関しては、「まずはお願いするというのが大前提。どうしても、というときには法にのっとって行うが、そうならないようにご理解をたまわりたい」と、慎重に運用する考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ