PR

ニュース 政治

東証株、終値でも3万円回復 約30年半ぶり

日経平均を示す株価ボード=15日午後、東京・八重洲(佐藤徳昭撮影)
日経平均を示す株価ボード=15日午後、東京・八重洲(佐藤徳昭撮影)

 週明け15日の東京株式市場の日経平均株価の終値は、前週末終値比564円08銭高の3万0084円15銭だった。終値としては、バブル経済期の平成2年8月2日以来約30年半ぶりに3万円の大台に乗せた。日米欧が新型コロナウイルスを受けた景気対策で大規模な財政出動や金融緩和を進めており、マネーが株式市場にも流れ込んだ。

 ワクチン接種が国内でも本格的に始まることへの期待感や、製造業など一部の企業業績が堅調なことが好感されている。ただ、新型コロナの収束は見えておらず、過熱する株価上昇に警戒感も広がる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ