PR

ニュース 政治

自民、神奈川6区に擁立へ 次期衆院選、公明断念受け

記者団に釈明する遠山清彦氏=1月29日午後、国会内(春名中撮影)
記者団に釈明する遠山清彦氏=1月29日午後、国会内(春名中撮影)

 自民党神奈川県連は13日、横浜市で会合を開き、次期衆院選神奈川6区に同党候補を擁立する方針を決めた。県連会長の小此木八郎国家公安委員長は記者団に「地元の意見を伺い、できる限り早く候補を決めたいが、慎重さも伴わなければならない」と述べた。公募などの選定手続きや、候補を決める時期は未定という。

 6区は公明党が公認した遠山清彦氏が、緊急事態宣言中に東京・銀座のクラブへ行き議員辞職。公明党は6区への擁立を断念していた。

 会合では、緊急事態宣言中に銀座のクラブを訪れた松本純元国家公安委員長の離党を受け、自民候補が不在となった衆院神奈川1区の対応も協議。松本氏はおわび行脚するといい、地元の意見を踏まえ、引き続き対応を検討する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ