PR

ニュース 政治

「孤独担当相」に坂本地方創生相 菅首相「問題洗い出して」

坂本哲志地方創生担当相・一億総活躍担当相(春名中撮影)
坂本哲志地方創生担当相・一億総活躍担当相(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は12日、坂本哲志地方創生担当相に対し、新型コロナウイルス禍で増加する自殺などの原因となる「孤独問題」の担当を兼務するよう指示した。「女性が孤独で自殺者も増えている。問題を洗い出し、調整しながら総合的に政策を進めてほしい」と伝えた。坂本氏が記者団に明らかにした。

 坂本氏は記者会見で「社会全体のつながりが希薄化している中、新型コロナで人との接触機会が減り、それが長期化することで問題が顕在化してきている」と説明。「省庁がさまざまな支援に取り組んできたが、これらをより一層、的確に必要とする人たちに行き届けていく」と述べた。

 コロナ禍の孤独問題をめぐっては、自民党の若手議員らが今年1月に「孤独対策勉強会」を設立したほか、1月28日の参院予算委員会で野党側から「孤独担当相」の必要性を問われた首相が「孤独問題に対応する組織はあり、どのような状況にあるかを早急に調べたい」などと答弁していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ