PR

ニュース 政治

立民・枝野代表、森会長辞意「遅きに失したが辞めないよりマシ」

会見で記者団の質問に答える立憲民主党・枝野幸男代表=1月5日午後、国会内(春名中撮影)
会見で記者団の質問に答える立憲民主党・枝野幸男代表=1月5日午後、国会内(春名中撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は11日午後、動画投稿サイト「ユーチューブ」の生配信番組に出演し、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞意を固めたことを受け「遅きに失したが、辞めないよりはずっとマシだ」と述べた。

 また、森氏の発言について「失言ではなく、われわれも含めて日本社会が抱えている問題(の表れ)。『とんでもない発言があったが、あそこから変わり始めた』ということにつなげていけるかどうか」と語り、性差別改善の契機とすべきだと訴えた。

 枝野氏は4日の衆院予算委員会で「女性蔑視といわざるを得ない」として森氏の辞任を求めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ