PR

ニュース 政治

日米外相が電話会談、ミャンマーでの発砲強く非難 中国海警法に懸念も

茂木敏充外務相
茂木敏充外務相

 茂木敏充外相は10日、米国のブリンケン国務長官と電話会談し、国軍によるクーデターが起きたミャンマー情勢について重大な懸念を共有した。両氏は首都ネピドーでのデモ隊に対する発砲事案を強く非難し、民間人に対する暴力的対応を直ちに停止するよう求めていく方針で一致。アウン・サン・スー・チー国家顧問らの解放や民主的な政治体制の早期回復を国軍に対して強く求めていくことも確認した。

 両氏は「自由で開かれたインド太平洋」の実現や、日米豪印の連携を強化していくことも申し合わせた。中国について、海警法を含めた東シナ海における一方的な現状変更の試みに懸念を共有し、連携していく方針で一致した。電話会談は約40分間だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ