PR

ニュース 政治

首相、ワクチン「医療関係者は来週半ば開始」 日医会長に協力要請

日本医師会の中川俊男会長らとの意見交換で発言する菅義偉首相(奥右)=10日午後、首相官邸(春名中撮影)
日本医師会の中川俊男会長らとの意見交換で発言する菅義偉首相(奥右)=10日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は10日、官邸で日本医師会の中川俊男会長と意見交換し、新型コロナウイルスのワクチン接種について「来週半ばには医療関係者への接種を開始し、高齢者は4月から接種したい」と述べ、協力を求めた。中川氏はワクチンに関する迅速な情報提供を求め、首相は理解を示した。

 首相は「ワクチンは感染対策の決め手であり、全ての国民に安心して接種をしていただける体制を構築することが国の責務だ」と強調。接種費用は国が全額負担すると説明した上で、政府が構築を進めている情報システムの入力作業などにも協力を求めた。

 これに対し、中川氏は新システムに一定の理解を示しつつも「接種業務に差し障りのないようにできる限り現場の追加負担が発生しないよう相談させていただきたい」と要請。基礎疾患を持つ高齢者向けの接種では、診療所などのかかりつけ医の積極活用を求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ