PR

ニュース 政治

小泉環境相「保護犬、保護猫の選択肢を」 ペット飼育で力説

衆院予算委員会で答弁する小泉進次郎環境相=9日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁する小泉進次郎環境相=9日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 「ペットを飼うときは、ペットショップだけに限らず、保護犬や保護猫という選択肢があることを多くの皆さんに知ってほしい」

 小泉進次郎環境相が10日の衆院予算委員会で、こう力説する場面があった。小泉氏は自らも妻の滝川クリステルさんが東日本大震災の被災地から引き取った保護犬「アリス」を飼育する愛犬家として知られる。

 この日は、新型コロナウイルスの影響で在宅時間が増え、ペットショップで犬や猫を買い求める人が増える一方、飼育放棄の懸念があることを踏まえ「犬や猫の遺棄や不適正な飼育を生じさせないように保護犬、保護猫ができる限り早い段階で譲渡されることが重要だ」と強調した。

 さらに、「保護犬、保護猫、そして繁殖を終えた犬猫がさまざまなところに譲渡され、一生を幸せに全うできる社会をつくっていきたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ