PR

ニュース 政治

栃木県予算、過去最大の1兆円超

 早くとも7年度までは財政の好転が見込めない。当初予算案と同時に公表された中期財政収支見込みでは、財政調整基金の残高は3年度末の324億円から7年度末に119億円へ落ち込むと想定。県債残高はさらに1109億円膨らむ。国体関連の大型事業の完了で一段落が見込まれたが、東日本台風に続くコロナ禍、県税収入の減少が響く。

 いずれも避けがたい事態とはいえ、福田富一知事の5期目の在任中に状況が好転する見通しは薄い。それでも「財政健全化を意識しながら執行に努める」(福田知事)とし、財源確保の手は打った。185事業の廃止・見直しで計47億円の歳出削減につなげ、総合スポーツゾーンの愛称命名権者の公募など歳入増も図る。こうした不断の努力を続けることで、将来負担を少しでも減らすことが求められる。(山沢義徳)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ