PR

ニュース 政治

【動画あり】潜水艦衝突、人的ミスの可能性 通信3時間以上不通

民間商船と衝突し、船体調査のため高知港沖に停泊する海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」=9日午前9時半、高知県高知市(本社ヘリから、寺口純平撮影)
民間商船と衝突し、船体調査のため高知港沖に停泊する海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」=9日午前9時半、高知県高知市(本社ヘリから、寺口純平撮影)

 海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」が高知県足摺岬沖で民間商船と衝突した事故で、第5管区海上保安本部(神戸)は、9日朝から高知港でそうりゅうの調査を始め、原因究明に乗りだした。そうりゅうには艦橋のゆがみや、船体中央から横に延びる「潜舵(せんだ)」のうち右舷側が折れ曲がるなどの損傷があったほか、事故後、通信手段が3時間以上にわたって不通となったこともわかった。

 海自トップの山村浩幕僚長は9日の記者会見で、「国民に大きな迷惑を掛けたことをおわびする」と述べ、衝突したとみられる香港船籍の貨物船「オーシャン・アルテミス」側にも謝罪の意を示した。

 通信手段が長時間不通となったことには「緊急時に連絡が取れないのは問題がある」として、早急に改善する考えを示した。海自によると、潜水艦には衛星電話が備え付けられているが、事故で通信アンテナが損傷し、携帯電話がつながる海域まで移動しなければならなかったという。

 岸信夫防衛相は9日の記者会見で、海保の調査に全面的に協力する考えを示した。関係者によると、事故は艦艇の水中音波探知機(ソナー)による周囲の確認不足など人的ミスが原因だった可能性があるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ