PR

ニュース 政治

静岡県、沼津駅高架化めぐり19日にも行政代執行へ

 JR沼津駅付近の鉄道高架化事業に伴う新貨物ターミナル整備をめぐり静岡県は8日、事業用地としている土地の明け渡しに応じない元地権者1人に対し、行政代執行法に基づき、“最後通告”となる「代執行令書」による通知を行ったと発表した。これで、強制的に収用する行政代執行が実際に行われることになる。県は実施予定日を19~22日とした。

 行政代執行の対象は、元地権者の土地(沼津市一本松、約1435平方メートル)にある柵と立木。昨年11月に送付した「戒告書」で期限としていた、今月5日までに撤去されなかった。

 川勝平太知事は「これまで県と沼津市の職員が何度もお会いし、協力をお願いしてきたが、本人の意志は固く、明け渡しに応じてもらえず、誠に残念に感じている。自主的な撤去を期待する」とコメント。沼津市の頼重秀一市長も「代執行の実施日までに明け渡してもらえることを期待している」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ