PR

ニュース 政治

首相「有効性、安全性に配慮した結果」 ワクチン接種開始の遅れ

衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=8日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=8日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は8日午前の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスのワクチン接種の開始時期が欧米諸国などよりも遅れた理由について「欧米の治験データのみではなく、日本人を対象とした治験を行うなど有効性や安全性に配慮した結果、時間を要した」と説明した。

 また、河野太郎ワクチン担当相は、ワクチンの変異ウイルスの有効性に関し「確認が行われているところだが、一定の変異には一定の有効性が保たれるという調査結果もある」と指摘。ワクチン接種体制構築に向けた自治体の負担については「必要な人件費も国がしっかりと面倒を見る。自治体に迷惑をかけることはないので安心して対応してほしい」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ