PR

ニュース 政治

自民派閥総会、深夜会合で軒並み引き締め 麻生財務相「自らの行動に責任を」 

衆院予算委員会で答弁する麻生太郎副総理兼財務相=4日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁する麻生太郎副総理兼財務相=4日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 緊急事態宣言下に深夜まで東京・銀座のクラブを訪れていた党所属衆院議員3人が離党に追い込まれたことを受け、自民党は危機感を募らせている。4月に衆参の補欠選挙、秋までには衆院解散・総選挙を控えており、さらなる不祥事の防止に躍起だ。

 「政治家は自らの行動に責任を持たなければいけない。行動に説明をしきらなければならない」。麻生太郎副総理兼財務相は4日の麻生派(志公会)の会合で、同派所属議員に対してこう強調した。

 麻生派には、深夜会合問題で離党した松本純衆院議員が所属。松本氏は事務局長として他派閥との交渉の窓口や、派閥のパーティー運営など中心的な役割を務めてきた。同派会合の司会も担ってきたが、この日は事務局長代理の井上信治科学技術担当相が務め、松本氏は欠席した。

 派閥関係者は「春には派閥パーティーを計画しているが、このような事態となってどうなるのか」と頭を抱え、同派幹部は「今回の問題で派閥運営に影響が出ないようにしなければならない」と語った。

 他派閥も引き締めに余念がない。伊吹文明元衆院議長は4日の二階派(志帥会)の会合で、「息苦しいが、一般の人はもっと大変な状態にある。少し我慢して頑張ろう」と強調。再び深夜会合のような不適切行動が報じられることがないよう、所属議員に責任ある行動を求めた。

 岸田文雄前政調会長も同日の岸田派(宏池会)の会合で、「政治の側から、国民が力や心を合わせて頑張ろうという雰囲気に、冷や水を浴びせる行動が出たことは誠に残念だ」と発言。「今一度、わが身を振り返り、気持ちを引き締めて行動や活動を続けてほしい」と語った。(今仲信博)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ