PR

ニュース 政治

橋本五輪相「森会長の発言常に重たい」と苦言 会談する考えも

衆院予算委員会でJOC森喜朗会長の失言について答弁する橋本聖子五輪担当相・女性活躍担当相=4日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会でJOC森喜朗会長の失言について答弁する橋本聖子五輪担当相・女性活躍担当相=4日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 橋本聖子五輪相は4日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視とも取れる発言をしたことについて「国内外で森会長の発言は常に重たいわけなので、しっかりとした形で世界に向かって発信されなければいけないのではないか」と苦言を呈した。

 橋本氏は「(発言によって)森会長の今までの大会成功に向けて尽力してきたこと自体が非常に残念なことになってしまう」と指摘。「(森氏が発言を撤回、謝罪したので)後はより信頼される大会に向かっていくべく、互いに努力していきたい」と述べた。

 また、「担当大臣の立場で森会長と話をしながら、世界の皆さんに理解され、歓迎される東京大会になるように組織委、東京都、IOCと連携を強化して発信していきたい」とも語り、改めて森氏と会談する考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ