PR

ニュース 政治

公明・北側副代表「不適切と言わざるを得ない」 森氏の「女性」発言

公明党の北側一雄副代表
公明党の北側一雄副代表

 公明党の北側一雄副代表は4日の記者会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言したことに対し、「不適切と言わざるを得ない」と批判した。「早く会長自身に釈明してもらいたい」とも述べ、真意の説明を求めた。

 森氏は3日の日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で、自身がかつて会長を務めた日本ラグビー協会で議事進行に時間がかかったと指摘しながら、「(女性理事は)誰か一人が手を挙げて言われると、自分も言わないといけないと思うんでしょうね。みんな発言される」などとも語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ