PR

ニュース 政治

今回は「中国」記載 日カナダ首脳電話会談の報道発表

 政府は3日、菅義偉首相とカナダのトルドー首相の電話会談後、報道発表に「中国などの地域情勢について意見交換を行った」と明記した。1月28日の日米首脳電話会談の報道発表では「中国」の記載を見送っており、自民党から批判が出ていた。

 首相とトルドー氏との電話会談について、報道発表には「東シナ海、南シナ海を含め中国などの地域情勢について意見交換を行った」と書き込んだ。

 先の日米首脳電話会談では「地域の諸課題に共に取り組んでいくことで一致」とのみ発表していた。

 米ホワイトハウスが「中国や北朝鮮を含む地域の安全保障問題を議論した」と明記したこともあり、自民党からは「米側が発表しているのに、なぜ抜くのか」「中国への忖度(そんたく)か」といった声が噴出した。外務省は今後「中国」を記載する方針を示していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ