PR

ニュース 政治

加藤官房長官もワクチン輸送の報道自粛要請「不測事態」

会見に臨む加藤勝信官房長官=3日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=3日午前、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は3日の記者会見で、河野太郎行政改革担当相に続き、新型コロナウイルスワクチンの海外から国内への輸送に関する報道を自粛するように要請した。「不測の事態も考えられる。輸送に関わる企業側からもいろいろな意向が示されており、報道機関には改めて配慮や協力をお願いしたい」と語った。

 ワクチンの供給スケジュールは決まり次第、速やかに知らせると強調。政府として、国民に分かりやすい情報提供に努め、迅速な接種の実施を目指す考えも示した。

 河野氏は2日に「取材、報道は控えていただけるとありがたい。輸送の日時、場所は非公開としたい」と述べた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ