PR

ニュース 政治

ワクチンがテロの標的? 河野担当相、搬入取材自粛を要請

ファイザー社などが開発した新型コロナウイルスのワクチン(ロイター)
ファイザー社などが開発した新型コロナウイルスのワクチン(ロイター)

 河野太郎ワクチン担当相は2日、新型コロナウイルスのワクチンの国外から国内への輸送に関し「日時、場所については非公開にさせていただきたい」と述べ、取材も控えるよう求めた。理由については「セキュリティー面での不測の事態は避けなければいけない。テロから妨害行為に至るまでいろんなことをもありうる」と説明した。都内で記者団の取材に応じた。

 河野氏は記者団からどういうケースを想定しているのか繰り返し問われたが、「その内容をあんまり申し上げるのはどうかと思うが、さまざまなことが想定される」などと述べるにとどめた。

 また、ワクチンの供給スケジュールについて「しっかり確定したら、国民に広く知っていただきたいと思っている」としつつ、「そこに至る手前のプロセスに関しては各企業から要請が強く来ている」と述べ、製造企業から公表を控えるよう求められているとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ