PR

ニュース 政治

宮城県、オンラインで伝承行事 震災10年で特設サイト開設

オンラインでの伝承行事「あの日を学びに 10年目に伝えあう」のPR動画を紹介する宮城県の村井嘉浩知事=1日、県庁(塔野岡剛撮影)
オンラインでの伝承行事「あの日を学びに 10年目に伝えあう」のPR動画を紹介する宮城県の村井嘉浩知事=1日、県庁(塔野岡剛撮影)

 東日本大震災の発生から今年3月で10年となるのを前に、宮城県は1日、動画を配信するオンラインでの伝承行事「あの日を学びに 10年目に伝えあう」の特設サイトを開設したと発表した。サイトでは3月1日からの動画配信に向けて、オンラインでの伝承行事をPRする。村井知事は1日の定例会見で「震災を振り返り、伝えるきっかけとなってほしい」と述べた。

 県によると、震災から10年の節目を迎える今年は、経験を後世に伝承するシンポジウムの開催を企画。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、オンラインを活用した伝承行事に変更した。

 サイトでは、村井嘉浩知事と県内の大学生らとの対談のほか、県内各地の人々が復興支援への感謝を伝えるリレー動画なども公開する。

 配信期間は3月1~31日。特設サイトはhttps://tsutaeau.pref.miyagi.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ