PR

ニュース 政治

東京都、税収減で厳しい財政運営 小池知事「持続可能な回復目指す」

■帰宅困難から沖ノ鳥島まで

 首都直下地震に備え、帰宅困難者対策にも取り組む。災害発生後、帰宅を急ぐ人が集中しないようにするため、GPSの位置情報を活用して混雑エリアの情報を発信するシステムの構築事業として2億円を計上した。

 新型コロナ禍を踏まえ、避難所や一時滞在施設にマスクや消毒液など感染対策に必要な物資を区市町村や民間事業者が購入する際の補助として計2億円を盛り込んだ。また、災害時に道路の破損や通行止めの情報をトラックドライバーらと共有するシステムも構築(100万円)する。

 中国の海洋進出などの脅威にさらされる沖ノ鳥島や南鳥島の維持・保全に向けた取り組みの強化にも新たに5千万円を計上した。大学や研究機関、環境省などと連携し、島やその周辺で資源の調査など具体的にどんな研究が可能かを探り、結果をシンポジウムなどで都民向けに啓発するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ