PR

ニュース 政治

「深夜会食」連発…自公、衆院選へダメージ「タイミング悪すぎる」

自民党の役職を辞任し謝罪する松本純国対委員長代理=29日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
自民党の役職を辞任し謝罪する松本純国対委員長代理=29日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

 緊急事態宣言発令中の東京都内で深夜まで飲食店を訪れていた自民党の松本純国対委員長代理と公明党の遠山清彦幹事長代理が29日、党役職を辞任した。遠山氏は自身の資金管理団体から不適切な支出があったことも発覚。新型コロナウイルス特別措置法改正案など今国会の重要法案の審議や、次期衆院選を控える与党にとって痛手となりそうだ。

 松本氏は党本部で二階俊博幹事長に辞意を伝達。記者団には「国民が我慢を強いられ、多大なご労苦をかけている状況で非常に軽率だった。深く反省している」と述べた。

 また、「(国対委員長代理は)指導する立場だ。指導者が今回のような状況を作り出してしまっては、今後の党や国会運営に大きな影響があると熟慮した」などと語った。これまで飲食店には1人で訪れたと説明してきたが、この日も「変わりない」と説明した。

 国家公安委員長などを歴任した松本氏は麻生太郎副総理兼財務相の最側近として知られる。安倍晋三前政権下の平成29年から国会対策を担っており、今回の失態に関し閣僚経験者は「これまで下がらなかった自民の政党支持率にかなりマイナスだ。痛い」と話す。

 一方、遠山氏は飲食店訪問発覚後の27日に山口那津男代表に議員辞職を含む進退伺を提出。党執行部は厳重注意にとどめていたが、29日に自身の資金管理団体からスナックやキャバクラへの不適切な支出が判明したことから改めて役職辞任を申し出た。

 遠山氏は記者団に令和元年分の政治資金収支報告書の一部を訂正したと説明。不適切な支出は5件約11万円分で、自身が関わったのは関係者とスナックに行った際の1件(2万円分)。4件は、公設秘書が後援会関係者らとキャバクラで飲食した費用だったとしたが監督責任は免れない。

 年内に行われる衆院選で遠山氏が立候補を予定する神奈川6区は前回、公明の現職が落選しており、さらなる苦境に立たされるのは必至だ。また、7月には公明が重視する東京都議選も控えており、党幹部は「タイミングが悪すぎる。選挙に影響が出ないわけがない」と頭を抱える。

 公明の支持母体である創価学会関係者も「公明のイメージが失われるようなことがこれ以上出てくれば、支援者がついてこない」と嘆いた。

 (力武崇樹、今仲信博)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ