PR

ニュース 政治

中国海警法「国際法に反する形、あってはならない」 茂木外相が牽制

茂木敏充外務相
茂木敏充外務相

 茂木敏充外相は29日の記者会見で、中国の海上警備を担う海警局の権限などを定めた海警法が2月1日から施行されることに関し「この法律が国際法に反する形で適用されることがあってはならない。今後も日本の領土、領海、領空を断固として守り抜く決意の下、冷静かつ毅然(きぜん)と対処する」と述べた。

 中国海警局の船は尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での領海侵入などを繰り返しているが、武器使用を認める権限などを定めた海警法の施行で活動がさらに強化されることが懸念される。茂木氏は「現場に与える影響を含め、中国海警局をめぐる動向を高い関心をもって注視する」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ