PR

ニュース 政治

党首直接対決 枝野氏「なぜ後手に回る」 首相「最善判断が必要」 代表質問 衆院選にらみ攻防

衆院本会議で代表質問を行う立憲民主党・枝野幸男代表(左)、答弁を行う菅義偉首相(右)=20日午後、国会(春名中撮影)
衆院本会議で代表質問を行う立憲民主党・枝野幸男代表(左)、答弁を行う菅義偉首相(右)=20日午後、国会(春名中撮影)

 菅義偉首相は20日の衆院本会議の代表質問で立憲民主党の枝野幸男代表と与野党の党首同士の直接対決に臨んだ。論点は新型コロナウイルス対策が中心で、感情をあらわにせず、冷静な答弁に努める首相に対し、枝野氏は緊急事態宣言の再発令の遅れなどを次々と責め立てた。

 「なぜ、こんなに後手に回っているのか。今後の適切な対応のためにも判断の遅れを認め、反省すべきではないか」

 枝野氏は自身が昨年12月時点で宣言再発令を求めたにもかかわらず、首相の判断が年明けになったことや、首都圏の4都県に再発令した約1週間後に大阪や愛知などを追加した一連の対応を追及。感染対策を強化する新型インフルエンザ等対策特別措置法の今国会での改正を目指していることについても「順序が逆で『泥縄』そのままだ」と批判を強めた。

 これに対し、首相は「宣言は国民の生活を大きく制約するもので、最善の判断が求められる」などと再発令のタイミングは妥当だと訴え、今後も法整備などを進め、新型コロナ対応に万全を期す考えを強調した。

 秋までに実施される衆院選を控えた両氏の攻防戦からは、内閣支持率の急落による窮地を迎え、これ以上の失点を避けたい首相と、一気に攻勢を強めようとする枝野氏の思惑が透けた。

 枝野氏は代表質問後、記者団に「最大野党としてやるべきことを地道に積み重ねていく結果、(衆院選に)つながる」と語った。

 だが、首相が新型コロナ対応で与野党から批判を浴び、支持率の下落にも歯止めがかからないという最大の攻めどころが来ているにもかかわらず、立民の支持率は低調で、苦境に立つのは枝野氏も同様だ。自民党中堅は「立民にとっても見せ場だろうが、こちらは淡々とやるだけだ」と話す。

 秋田県の農家に生まれ、衆院議員秘書や横浜市議を経て国政のトップに上り詰めた首相に対し、枝野氏はサラリーマン家庭に育ち、弁護士を経験した後に衆院議員に転身した。ともに官房長官として内閣の危機管理にあたったという共通点もある。

 新型コロナ禍で国民の不安が収まらず、経済の見通しも不透明な中、どちらが国益を増大し、民意をくみ上げられるのか。コロナ対策が問われる今国会の焦点となっている。(永原慎吾)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ