PR

ニュース 政治

河野ワクチン担当相、政権の命運握る 接種日程遅れれば致命傷

オンラインで記者会見する河野行革相=19日午前
オンラインで記者会見する河野行革相=19日午前

 菅義偉首相は新型コロナウイルス対策の命運を握るワクチン接種の体制強化を河野太郎ワクチン担当相に託した。コロナ禍が長引く中、開始時期の遅れや接種数の伸び悩みが生じれば、支持率が下落傾向の菅政権にとって致命傷となりかねない。「失敗できない」(政府高官)との危機感も漂う中、首相は突破力と発信力に定評のある河野氏を起用し、活路を見いだす構えだ。

 「これだけ大きく各省にまたがっているでしょ。だから担当相を作ったんだ」

 首相は19日、官邸で自民党の下村博文政調会長らと面会した際、ワクチン接種に関わる省庁を指折り数えながら説明した。

 河野氏が担当するのはワクチンの輸送や保管、会場設定といった接種をめぐる実務全般の管理だ。担務は厚労省だけでなく、ワクチンの輸送を扱う国土交通省、保管する冷凍庫に関わる経済産業省などに幅広くまたがるため、担当相には調整力が求められる。

 政府は2月下旬までの接種開始を目指しているが、コロナ禍の長期化に伴う国民の自粛疲れも考えれば、日程がずれ込む事態は避けなければならない。そのため、規制改革担当相として各省庁と相対してきた河野氏に白羽の矢が立った。

 首相は、215万人を超えるツイッターのフォロワーを抱える河野氏の発信力にも期待したようだ。米国では昨年末までに2千万人への接種を目指したが、予定通りに進まなかった。河野氏には積極的な接種を促す役割も求められている。

 首相と河野氏は19日夕、官邸で、接種後の医療廃棄物を管轄する小泉進次郎環境相らを交え、対応を協議した。その後、記者団には「1億2千万人分のワクチンを接種するロジ(手続き)は想像を絶すると言っていい」と語った。成否は支持率低迷にあえぐ菅政権の命運を左右するだけでなく、河野氏にとっても「将来の首相」を見据えた試金石となる。(大島悠亮)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ