PR

ニュース 政治

【菅首相施政方針演説全文(1)】「ワクチン接種、2月下旬までに開始できるよう準備」

衆院本会議場で施政方針演説に臨む菅義偉首相(右から3人目)=18日午後、国会(佐藤徳昭撮影)
衆院本会議場で施政方針演説に臨む菅義偉首相(右から3人目)=18日午後、国会(佐藤徳昭撮影)

 内閣総理大臣に就任し、政権を担って4カ月、直面する困難に立ち向かい、この国を前に進めるために、全力で駆け抜けてまいりました。

 そうした中で、私が、一貫して追い求めてきたものは、国民の皆さんの「安心」そして「希望」です。

一 新型コロナウイルス対策

(国民の命と健康を守り抜く)

 国民の命と健康を守り抜く。まずは「安心」を取り戻すため、世界で猛威をふるい、わが国でも深刻な状況にある新型コロナウイルス感染症を一日も早く収束させます。

 目の前の患者を何とか救うため、力を尽くす医療従事者の皆さま、感染拡大の防止に奔走する保健所の皆さま、細心の注意を払い高齢者と向き合う介護関係者の皆さま。全ての関係者の方々に、厚く、お礼を申し上げます。

 また、国民の皆さまには、生活や仕事にご負担、ご苦労をおかけする中で、多大なご協力をいただきました。しかし今回、再び制約のある生活をお願いせざるを得ず、大変申し訳なく思います。

 今一度、国民の皆さまのご協力をいただきながら、私自身もこの闘いの最前線に立ち、都道府県知事はじめ自治体関係者とも連携しながら、難局を乗り越えていく決意です。

 今回、緊急事態宣言を発出しました。これまで1年近くの闘いの経験に基づき、効果的な対象に徹底的な対策を行っております。

 私自身、連日、状況を聞き、専門家とも議論を重ねておりますが、東京都で6割を占める感染経路不明の多くが、飲食と見られています。

 特に、30代以下の若者の感染者が増えています。多くの方は無症状や軽症ですが、若者の外出や飲食により、知らず知らずのうちに感染を広げている現実があります。

 飲食での感染を押さえ込むことが極めて重要であり、飲食店について、協力金を180万円まで引き上げ、20時までの営業時間の短縮を徹底します。

 それ以外にも、テレワークの7割実施、不要不急の外出・移動の自粛、特に、20時以降の不要不急の外出自粛、さらに、イベントの人数制限をあわせて実施します。

 こうした対策により、感染を押さえ込み、減少傾向に転じさせます。専門家が緊急事態宣言のレベルとする、いわゆる「ステージIV」を早急に脱却いたします。

 さらに、新型インフルエンザ等対策特別措置法を改正し、罰則や支援に関して規定し、飲食店の時間短縮の実効性を高めます。議論を急ぎ、早期に国会に提出いたします。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ